廃車にすると自動車税が戻ってくる!

廃車(抹消登録)にすると、余分に払った自動車税は戻ってきます!
自動車税は毎年4月1日に1年分をまとめて支払っていますよね。
年度の途中で廃車にした場合は、残りの月数分の自動車税を返金してもらうことが可能なのです。
これは永久抹消登録でも一時抹消登録でも同じように戻ってきます!

 

注意点としては、廃車の手続き(抹消登録)をした翌月分からになりますので、例えば3月に廃車にした場合には自動車税の還付はありません。
ただし4月になれば新たに自動車税を納付する必要が出てきてしまいますので、不要な車がある場合には3月までに廃車にしてしまう方が良いでしょう。
運輸支局が3月は混んでいるのはそんな理由があるからなのです。

 

さらに注意しておきたいのは、他の地方税に未納がある場合です。
住民税や事業税などの未納がある場合、自動車税の還付金から補填されてしまいます。
還付金ゼロ、ということもあります。

 

また、軽自動車の場合には自動車税の還付制度は適用されません。

 

自動車税の還付手続きの仕方
自動車税の還付は、抹消登録を完了させることで、還付の申請も同時に完了してしまいます。
抹消登録をしてから約1〜2ヶ月すると、還付通知書が郵送されてきます。
それを銀行などの金融機関にもっていけば還付金を受け取ることが出来ます。

 

事前に申し立て手続きをしておけば、指定口座への振込にも対応してくれます。
自動車税事務所で手続きすることが出来ます。

 

自動車重量税について

自動車重量税とは、新たに車を購入した時や、車検を受けた時にまとめて数年分支払っている税金です。
(新たに購入した際には3年分、車検時に2年分支払う義務となっています)
この自動車重量税も廃車(永久抹消登録)にすることによって、残っている分を返金してもらう事が可能なのです。
この場合も廃車(永久抹消登録)の手続きを行った翌月から計算し、残っている分の月割の合計分を還付してもらえます。

 

また、軽自動車であっても自動車重量税の還付は受けることが出来ます。

 

手続き自体は、永久抹消登録の手続きと同時に行います。(というか、後からでは申請する事が出来ません。)
永久抹消登録の申請書と還付申請書は一体になっていますので、間違えることもないかと思います。

 

申請後、審査に約3ヶ月程度かかります。
その後審査が通れば指定した銀行口座などに還付金が振り込まれます。

 

その他の廃車によって戻ってくるお金

自賠責保険やその他の任意保険についても、契約期間が残っていれば月割計算で返金してもらう事が出来ます。
これらは各保険外社に自分で申請する必要があります。
手続き方法は各保険会社によって決められていますので、事前に確認しておきましょう。