廃車で戻ってくるお金!

自動車を所有すると必ず加入しなければならないのが「自賠責保険」です。
いろんな保険会社がありますが、たいてい2〜3年契約になっているのではないかと思います。

 

自動車を廃車にした場合には、この自賠責保険を余分に支払った分を返金してもらうことが出来るのです。
自賠責保険と廃車について知っておきましょう。

 

自賠責保険とは?

自賠責保険とは、正式には「自動車損害賠償責任保険」といい、事故などを起こしてしまった際に被害者へ補償をするために加入する保険です。
公道を走る自動車であれば、必ず加入する必要のある保険です。(別名「強制保険」ともいわれています。)

 

もし公道を自賠責保険に加入せずに自動車を走らせた場合、懲役1年以下、もしくは50万円以下の罰金となります。
さらに違反点数は6点の減点となりますので、免許停止処分も受けることになります。
また、自賠責保険の証明書を所持していない場合にも30万円以下の罰金となります。

 

廃車にすることで返ってくる自賠責保険の金額

自賠責保険の返金金額は、返金の手続きをした翌月から保険の契約期間の月割で計算出来ます。
注意しておきたいのが、自分の加入している保険会社に返金手続きをした日の翌月からということです。
運輸支局などに抹消登録の手続きをしたからといって、その翌月分から計算される訳ではないのです。

 

自賠責保険返金の手続き

加入している保険会社に返金の手続きをします。
抹消登録の手続きをしたからといって、保険会社から連絡が来るようなことはありません。
必ず自分で返金手続きを進めなければなりません。
解体業者などに抹消登録の手続きの代行を依頼した場合も同じです。

 

自賠責保険の解約に必要なもの

解約・返金の手続きに必要なものは各保険会社によって違ってきます。
必ず事前に確認しておくようにしましょう。
また自賠責保険以外の保険についても確認しておきましょう。
任意で様々な保険に入っている方も多いと思います。
対人賠償保険、自損事故保険、人身傷害保険、車両保険などなど。
それぞれ廃車によって返金が可能な場合が多いです。
廃車が決まったらあらかじめ解約しておくのも手かもしれませんね。

 

自賠責保険の返金・注意事項

たいていの保険会社では保険の残り期間が1か月以下ですと返金されません。
自分の加入している保険の契約期間を確認しておきましょう。

 

また、保険の解約・返金は必ず自分で手続きしなければならないことも忘れてはいけません。