自動車税未払いの車の廃車はできる?

 

何らかの事情で自動車税が未払いのままであっても廃車の手続き(抹消登録)をすることが出来ます。
というより、廃車にするのであれば早めに手続きした方が、後から請求される自動車税が少なくて済みます。

 

抹消登録をした場合、そのまま陸運局に隣接している自動車税事務所で、税金の請求を止める手続きをすることになります。
「もう動かないからそのままでいいや」と放っておけば、そのまま自動車税を支払う義務が生じてしまいますよ。
下手すると次の年も自動車税納付通知書が届くことになっていまいます。
自動車税は税金ですから、未納のままでいるといつまでも請求が来ます。
そのまま放置するなど悪質とみなされば差し押さえなどもされる可能性だってあるのです。

 

廃車を決めたのであれば、自動車税が未払いであっても早い内に抹消登録の手続きをすることをおすすめします。

 

良くある自動車税未払いからの廃車例

自動車税は4月1日付けで1年分の請求がなされます。
自動車税納付通知書が発行されて届くのが5月ですよね。
例えばこの時点で近いうちに廃車する予定がある場合、そのまま抹消登録してしまう場合が多いです。
そうすると、抹消登録した月までの納付書が届きますので、それから支払っても大丈夫です。

 

廃車によって戻ってくるお金を支払いに充てる

もし経済的な理由によって自動車税を支払うことが出来ないのであれば、廃車にすることによって戻ってくるお金を支払いに充てることも考えてみましょう。
廃車(抹消登録)にすることによって、自動車税の支払いの義務が無くなりますし、車検の有効期限が1ヶ月以上残っている場合は自動車重量税が戻ってきます。
また、自賠責保険も契約期間が残っている分を月割にして返金してもらうことが出来ます。
これらのお金を未納分の自動車税の支払いに回す事が出来ますね。

 

また、最近では廃車にするしかないような車でも買取ってくれる業者があります。
こういった業者に売却することで返済に回すお金を作ることが出来ますよ。
ネットの一括査定サービスを利用すれば、自分の車に一番高い金額を付けてくれる業者を簡単に探すことが出来ます。

 

自動車税を未納のまま放置するとどうなる?

自動車税は税金であり、必ず支払う義務のあるものです。
「お金が無い」からといって免除されるようなものでもありません。
期日までに支払えないと懲罰として延滞金が発生しますし、悪質とみなされれば財産の差し押さえなどの行為に出ることだってあります。

 

自動車を持つのであれば、こういった税金や保険料といったものは常に用意しておく心構えも必要でしょう。