車を譲り受けたら必ず名義変更を!

家族や友人などから車を譲り受ける場合も多いかと思います。
しかし名義変更をしっかりとしておかないと、後で何かあった時に大変なことが多いのです。
例え親から子どもへ譲ったという場合でも名義変更は必ずしておきましょう。
また、中古車販売店などで購入した場合は、まず問題ないとは思いますが、必ず車検証の所有者が自分になっているか確認しておきましょう。
ローンなどで購入した場合にはディーラーや信販会社名義になっている場合もありますが、完済した時点で名義変更をしてくれるかどうかも確認しておきましょう。
(基本的には契約書に記載されていると思いますが、担当者に口頭でも説明してもらいましょう。)

 

本来車を譲渡した(された)場合、15日以内に名義変更の手続きをしなければなりません。
それを怠っていたために、「親から車を譲ってもらい名義変更していなかったけど、そのまま亡くなってしまって遺産相続が面倒臭くなってしまった」などということもあります。

 

車の名義変更に必要な書類

・印鑑証明書
旧所有者、新所有者それぞれの印鑑証明書が必要となります。
発行日より3ヶ月以内のものが必要です。
・車庫証明
発行から1ヶ月以内の車庫証明書(自動車保管場所証明書)が必要となります。
なるべく直前に準備しておいた方がよいでしょう。
・譲渡証明書
旧所有者から新所有者へ譲渡したことを証明する書類です。
書式はインターネットなどでもダウンロードすることが出来ます。
旧所有者の実印が必要となります。
・実印・認印
新所有者の実印が必要となります。
・委任状
新所有者のみで手続きを行う場合、旧所有者の委任状が必要となります。
書式はインターネットなどでもダウンロードすることが出来ます。
・車検証

名義変更時に有効期限のある車検証が必要です。
・自動車税納税証明書
車検の通っている車であればあるものです。
紛失している場合、自動車税事務所で再発行することが出来ます。
また、車検を扱う業者で再発行手続きを代行してくれる場合もあります。
・自動車税・自動車取得税申告書
自動車税事務所で入手出来ます。
・自賠責保険証明書
常に車に搭載しておくものなのですが、万が一紛失している場合は保険会社に再発行してもらいます。
・申請書
陸運局で入手出来る「移転登録申請書」(OCRシート第一号)です。
・手数料納付書
陸運局で入手出来ます。
手数料500円分の印紙を貼ります。
・自動車リサイクル券
自動車リサイクル料を支払っている場合必要となります。

 

また新所有者と新使用者が違っている場合には、新使用者の住民票など住所が確認出来るものが必要となります。
新所有者が未成年の場合、法定代理人(親権者もしくは後見人)の同意書と印鑑証明書などが必要となります。