ローンの残っている車の廃車

ローンが残ったままの車であっても廃車(抹消登録)にする事は可能です。
ただしその際には、その車の所有者が誰になっているかが問題となってきます。

 

車の所有者とは自動車検査証(車検証)に記載されている所有者のことです。
廃車、つまり抹消登録をするには、この車検証に記載されている所有者が手続きを行う、もしくは正式に委任しなければなりません。

 

ローンの種類で違ってくる

まずは銀行などの金融機関からお金を借りてローンを組んでいる場合です。
この場合、ディーラーなどには一括で支払いを済ませているはずですので、所有者は既にあなた自身になっていることでしょう。
問題なく廃車(抹消登録)にする事が出来ます。

 

やっかいなのがクレジットのローンや、ディーラーの提携しているローンを返済している場合です。
この場合、返済が終わるまでは所有者名義がローン会社(クレジット会社や信販会社)になっている場合が多いのです。
所有者名義があなた自身でなければ廃車(抹消登録)する事が出来ません。

 

所有者名義が違っている車の廃車

車検証に記載されている所有者があなたでなく、ローン会社になっている場合(ディーラー名義になっていることもあります。)、まず始めに名義変更をしなければなりません。
当然、ローンを返済している先に相談する必要があります。
そして名義変更をした後に抹消登録をする、という流れになります。

 

たいていのローン会社は応じてくれると思いますが、もちろんローンの残額は支払い続けなければなりません。
残額は一括で返済するのか、それとも分割で返済するのかなど、今後の支払いや、手続きへの協力も含め、細かく相談しなければならないでしょう。
基本的にはローンの残額は一括で支払って精算することを求められるかと思います。
その場合手持ちのお金がなければ、他から借りることも検討しなければなりません。

 

また、この名義変更の手続きと抹消登録の手続きを同時に行うことも出来ます。
その場合、元々の所有者であるローン会社などからの譲渡証明書、委任状、印鑑証明書などが必要になります。
また多少時間がかかることが多いので、自動車重量税の還付などを考えている場合、きちんとスケジュールを考えて行動しないといけません。

 

その他の方法

事故や災害などで車が使えなくなってしまい、ローンもまだ残っていて支払うお金も無いという場合、それでも自動車税は支払い続けなければなりません。
そんな時はいったん車は解体してしまい、解体証明書を持って陸運支局で手続きすることによって、自動車税の支払いを不要にすることが出来ます。
その後ローンを払い終わったら、正式に廃車(抹消登録)にすることも出来ます。