廃車にまつわる困りごと〜ローン残・所有者が違う・車検切れetc

廃車にまつわるよくある困りごとをまとめてみました。

 

・ローンが残っている車の廃車
廃車にするには「所有者」が手続きする必要があります。
(または所有者から委任された人)
車のローンが残っていても所有者があなたであれば問題ありません。
(ただしローンの返済義務は残ります)
所有者がディーラーや信販会社の場合は、相談の上ローンの組み替えなどが必要になります。

 

・所有者が自分でない場合
所有者がディーラーや信販会社などの場合は、直接相談しましょう。
所有者を解除してもらうか、廃車自体をディーラーに依頼するかになると思います。
所有者が亡くなった場合、遺族(親族)であれば手続きが可能です。
ただし通常の手続きに必要な書類以外に、
「戸籍謄本」「除籍謄本」「遺産分割協議書」などが必要となります。

 

・車検切れの車の廃車
車検が切れている車であっても抹消登録の手続きは可能です。
ただし公道を走ることはできませんので、
車の引き取りには業者に運んでもらうか、仮ナンバーを発行してもらう必要があります。
(仮ナンバーで走行する際には自賠責保険への加入も必要です)

 

・自動車税の未納の場合の廃車
自動車税を一部払っていない場合でも廃車の手続きは可能です。
廃車の手続きが終わると、運輸支局から未納分の請求書が送られてきます。
それから支払うことが可能です。

 

・他県ナンバーの車の廃車
車のナンバーは車検証の住所によって決まります。
引越しなどで現住所と車検証の住所が変わっている場合でも廃車の手続きは可能です。
通常の書類とともに住民票が必要になります。
また2回以上住所が変わっていて、その都度住所変更をしていなかった場合、
戸籍附票も必要となります。

 

・リサイクル券を失くした場合
運輸支局(軽自動車の場合、軽自動車検査協会)でリサイクル券の再発行をします。

 

・車検証を失くした
運輸支局で「現在登録証明書」を発行してもらいます。
抹消登録の手続きをする時で問題ありません。