軽自動車を廃車にする場合、3種類の方法があります。

軽自動車を廃車にする場合、3種類の方法があります。

 

・自動車検査証返納届(一時使用中止)
一時的に自動車の使用を中止する場合に行う手続きです。
自動車を解体する必要がなく、再び登録することによって使用することが可能となります。
車検の有効期限がある場合、残りの車検期間は切り捨てとなります。
(普通車の場合の「一時抹消」に該当する手続きになります。)

 

・解体返納
その自動車を二度と使用しない場合にはこの手続きになります。
自動車自体は解体し、ナンバープレートを返却します。
指定業者による解体を完了したという証明になる”解体届出書”が必要となります。
(普通車の場合の「永久抹消」に該当する手続きになります。)

 

・解体届出
一時的に使用を中止していた(自動車検査証返納届を出していた)自動車を、解体処理した場合に行う手続きです。
指定業者による解体を完了したという証明になる”解体届出書”が必要となります。

 

軽自動車の廃車手続きの一連の流れ

○自動車検査証返納届の場合
1.軽自動車検査協会へ必要書類とナンバープレートを提出します。
2.自動車検査証返納証明書を受け取ります
3.軽自動車税の手続きをします
・必要書類
車検証/ナンバープレート2枚/所有者の実印/軽自動車税申告書/申請書/手数料納付書・印紙/申請依頼書(本人以外が申請する場合)

 

○解体返納
1.解体業者に自動車を引き取ってもらい、「使用済自動車引取証明書」を発行してもらいます。
2.軽自動車検査協会へ必要書類とナンバープレートを提出します。
3.登録抹消証明書を受け取ります。
4.軽自動車税の手続きをします
・必要書類
車検証/ナンバープレート2枚/所有者の実印/軽自動車税申告書/使用済自動車引取証明書/申請書/手数料納付書・印紙/申請依頼書(本人以外が申請する場合)

 

○解体届出
1.解体業者に自動車を引き取ってもらい、「使用済自動車引取証明書」を発行してもらいます。
2.軽自動車検査協会へ必要書類とナンバープレートを提出します。
3.登録抹消証明書を受け取ります。
・必要書類
車検証/ナンバープレート2枚/所有者の実印/自動車検査証返納証明書/使用済自動車引取証明書/申請書/手数料納付書・印紙/申請依頼書(本人以外が申請する場合)

 

軽自動車の廃車の注意点

軽自動車税には還付の制度がありません。
そのため4月に廃車の手続きをすると、1年分の軽自動車税を無駄に支払うことになってしまいます。
(自動車重量税は還付されます。)