意外と多い他人名義の車

皆さんの中でも、家族や友人から譲り受けた車に乗っている人は多いのではないでしょうか?
そうした車でも古くて乗れなくなったり、事故で大破してしまうなどの理由で廃車にしなければならない状況に陥ってしまうこともあります。
この場合には廃車の手続きも少し複雑になってきますので注意しましょう。

 

他人名義の車の廃車

基本的に廃車の手続きとなる「抹消登録」をするには、車検証に記載されている「所有者」が行う必要があります。
すでに譲り受けてから何年間も自分しか使用していない車であっても、法的な手続きをするのは「車検証に記載されている所有者」の権限になるのです。

 

一番簡単で、一般的な方法は、所有者の承認を受けて、あなたが「代理人」として手続きする方法です。
所有者の委任状や印鑑証明書などが必要になりますので、多少の手間はかけますが、手続き自体は代理人であるあなたが行うことが出来ます。
また、廃車の手続きをする前に、正式に譲渡してもらい、名義自体をあなた名義にしておくのもよいでしょう。
いずれにしても手続きの上では車検証に記載されている所有者が関わる必要がある事を覚えておきましょう。

 

名義上の所有者が故人の場合

ここでやっかいなのが、車検証に記載されいている所有者が亡くなっている場合です。
遺族の方が遺品としての車を処分する時などは少し面倒です。
この場合の車は「遺品」つまり、無くなった方の財産=遺産ということになります。
なので廃車の手続きをする前に遺産相続をしなければなりません。
自動車の手続きでは「移転登録」をして、名義をあなた自身に変更する必要があります。
ここで初めて廃車の手続き、抹消登録の手続きへと取り組むことが出来るのです。

 

名義上の人物が音信不通!?

まれに車を譲ってくれた人と音信不通になってしまうこともあります。
この時、車の名義変更をしていないと非常にやっかいです。
車検証に記載されている所有者がその人の名義になっているのであれば、その所有者の意思を無視して抹消登録の手続きをすることは不可能です。
この場合はどうにかして譲ってくれた人を探し出すか、検査登録事務所に相談してみましょう。

 

名義と違う車はおすすめ出来ません

このように廃車にするだけであっても、車検証に記載されている所有者が何より優先されます。
もし誰かから車を譲り受けるのであれば、きちんと名義変更も済ましておくことをおすすめします。
例え家族間であっても、万が一その方が亡くなってしまったら面倒な手続きが発生することになります。
ましてや友人などの他人から譲り受けるのであればなおさらです。
そもそも自動車税などは車検証の所有者に対して請求されますので、もしその人が未納していたら莫大な未納金が発生してしまいますよ。