一時抹消登録とは?

「廃車」と呼ばれる場合、一般的には永久にその車を使えないようにする「永久抹消登録」を指すことが多いです。
それに対して「またいつか使う予定がある」、という時に行うのが「一時抹消登録」の手続きです。

 

一時抹消登録はその名の通りに、一時的に登録を抹消します。
そのため、再び登録をすればその車を使用することが可能になります。

 

一時抹消登録はどんな時にするの?

一時抹消登録のメリットは、その車を使っていない間は自動車税や自賠責保険を支払う必要がないことです。
例えば長期の海外出張でしばらく乗らない、運転していた人が入院してしまった、などといった”今は乗らないけどいつか乗るかもしれない”といった場合に行うのが一般的です。
乗らない車を放っておいても自動車税は毎年支払わなければなりませんし、自賠責保険にも加入していなければなりません。
さらに定期的に車検を行う必要もあります。
いったん登録を抹消しておくことで、負担なく車を保管しておくことが可能なのです。

 

一時抹消登録の手続きはどうする?

基本的には管轄の運輸局へナンバープレートを返納し、必要書類を提出します。
この際350円の手数料がかかります。(印紙で支払いますが、運輸局で販売しています。)
注意したいのがナンバープレートです。
「ナンバープレートを持っていくだけなのだから、自分で外せばいいだろう」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、この「ナンバープレートを自分で外す」という行為は実は違法なのです。
本来は業者に外してもらい、仮ナンバーを用意し自分の家まで車を運ばなければなりません。
意外と面倒ですよね。

 

一時抹消登録した車を再び使う場合

一時抹消登録した車を再び公道で走らせるためには「中古車新規登録」をする必要があります。
運輸局まで車を持っいく必要がありますので、ここでも仮ナンバーが必要になります。
またこの時点で自賠責保険への加入も必要です。
自動車保管所証明書(車庫証明)、定期点検整備記録簿、自動車検査証なども必要になってきます。
これまた結構な手間がかかりますね。

 

一時抹消登録よりも買取という選択肢

長い間その車に乗る予定がないのであれば、思い切って買い取ってもらうという選択肢もあります。
ご存知の方も多いでしょうが、中古車は需要が高くなっていますが、やはり年式が低くなる(古くなる)に従って、中古車としての価値も下がっていってしまいます。
1年や2年も経つとあっという間に人気車の買取値が下がってしまうことも良くあることなのです。
車に乗ることが無くなった時点で高く売ってしまった方が賢い選択肢の場合があるのです。
ましてや駐車場を借りているような場合は、売却を考えた方がお得だと思いますよ。