廃車時に必要な書類

○永久抹消登録・一時抹消登録する際に必要な書類
・所有者の実印
あらかじめ市区町村で「実印登録」しているもの。
たいていのハンコであれば登録出来ますが、ゴム印などの変形しやすいものは不可となる場合もあります。

 

・所有者の印鑑証明書
実印登録した証明書。
市区町村が3ヶ月位内に発行したものが必要です。

 

・自動車検査証(車検証)
一般には車検証と呼ばれますが、車の戸籍謄本ともいえる大切なものです。
ここで説明している”所有者”とは、この車検証に記載されている所有者のことになります。
紛失している場合は、管轄の運輸支局で再発行してもらう必要があります。

 

・ナンバープレート
正式な名称は「自動車登録番号標」。
本来は自分で取り外してはいけません。
解体業者などに外してもらいます。

 

・申請書および手数料納付書
申請書は運輸支局で販売しています。
手数料納付書は運輸支局などの窓口で入手出来ます。

 

・解体に関わる移動報告番号(リサイクル番号)
リサイクル法に基づき、きちんと解体しているかを確認します。
解体業者に依頼すると発行される「引取証明書」に記載されています。

 

・委任状
本人以外が申請をする場合に必要となります。

 

・住民票
車検証と現在の住所が違っている場合に必要となります。
何度か住所が変わっている場合は戸籍謄本が必要になることもあります。
発行から3ヶ月以内のものが必要です。

 

○業者等に手続きを代行してもらう場合
引取業者に廃車手続きを依頼することが出来る場合があります。
その際に必要なおもな書類は以下の通りです。
業者によって若干違いがある場合もあります。

 

・自動車リサイクル券
解体する際に未払いのリサイクル料がある場合は支払う必要があります。
・委任状
各種手続きを業者に依頼することを証明するために必要です。
書式などは業者が用意してくれる場合がほとんどです。

 

・所有者の実印
市区町村に「実印」として登録してあるもの。

 

・所有者の印鑑証明書
発行から3ヶ月以内のものが必要です。

 

・譲渡証明書
自動車を譲渡する場合必要となります。
通常、業者側で用意してくれるものに記入します。

 

・税金還付関連
自動車重量税などの還付は抹消登録と同時に申請するため、還付に関する申請も委任する必要があります。
還付金を受け取る金融機関の口座情報が必要になります。

 

スムーズに廃車手続きするために
廃車にまつわる様々な申請を自分でやろうと思うと意外と面倒です。
特に陸運支局などは平日のみの受付ですので、働いている人にとっては出かけるのも一仕事になってしまいます。
おすすめなのは車体の引取業者に全て委任してしまう方法です。
手続きに関しても慣れていますので、抜け落ち等の心配が要りません。

 

ただし手続きを依頼すると費用が発生します。
そこで活用したいのがネットの廃車一括査定サービスです。
処分するしかないような車でも値段を付けてくれる業者があれば、手続きの費用に充てることも出来ますよね。
もしかするとちょっとしたお金が手に入る事になるかもしれません。