普通自動車の廃車手続きには2種類あります。

普通自動車の廃車手続きには2種類あります。

 

・永久抹消登録
その自動車を二度と使用しない場合に行います。
故障で動かなくなってしまったり、新しい車に乗り換える時などにこの手続を利用します。
同時に自動車自体は解体する必要があります。

 

・一時抹消登録
一時的に自動車の使用を中止する際に行う手続きです。
再び登録することで使用を再開することが可能です。
入院や海外主張などで長期間自動車を使用しない場合などは、この手続をしておけば、自動車税や自賠責保険を支払わなくてよくなります。

 

普通自動車の廃車手続きの流れ

○永久抹消登録
1.解体業者に自動車を引き取ってもらい、「使用済自動車引取証明書」を発行してもらいます。
2.陸運局に必要書類とナンバープレートを提出します。
3.登録抹消証明書を受け取ります。
4.自動車税事務局で自動車税の手続きをします。
・必要書類
車検証/ナンバープレート2枚/所有者の実印/印鑑証明書(発行から3か月以内のもの)/自動車税・自動車所得税申告書/使用済自動車引取証明書/申請書/手数料納付書・印紙/委任状(本人以外が申請する場合)

 

○一時抹消登録
1.陸運局に必要書類とナンバープレートを提出します。
2.一時抹消証明書を受け取ります。
3.自動車税事務局で自動車税の手続きをします。
・必要書類
車検証/ナンバープレート2枚/所有者の実印/印鑑証明書(発行から3か月以内のもの)/自動車税・自動車所得税申告書/申請書/手数料納付書・印紙/委任状(本人以外が申請する場合)

 

普通自動車の廃車手続きの注意点

・費用に関して
解体業者に自動車を引き取ってもらう場合、自分で持ち込みが出来るのであれば費用はかかりませんが、レッカー車などで運ばなければならない場合には費用が発生してしまいます。
また廃車の手続きを業者に依頼した場合も、業者によっては費用がかかることもあります。
さらにリサイクル料を支払っていなかった場合、解体する時点で支払う必要があります。
車の種類によって違いますが、1〜2万円程度になります。
業者選びによって費用に大きな違いが出てきますので注意しましょう。

 

・税金の還付について
自動車税は4月1日に1年分をまとめて納付しており、廃車にした場合月割で還付されます。
解体作業が月をまたいだりすると、1ヶ月分返ってこない場合もありますので注意しましょう。
また、自動車重量税は車検時にまとめて納付していますので、車検有効期限が残っている場合還付されます。