リサイクル券とは?

自動車リサイクル法が施行され、自動車を所有する人は必ずリサイクル料を支払う義務があることになりました。
たいていは自動車を購入した際や車検時に支払っています。
金額はメーカーや車種、エアバッグ等の装備によっても変わってきますが、一般の車両では7000円から18000円程度になっています。
原則として1台に付き1度支払えばよいのですが、後から装備を付け足した場合にはその分のリサイクル料を支払う必要がある場合もあります。

 

リサイクル券というのは、この「リサイクル料を支払っています」ということを証明する書類になります。
A券〜D券で構成されていて、特にA券とB券は車検時や車を引き渡す時に必要となってきますので、失くさないように大切に保管する必要があります。

 

例えば中古で自動車を買った場合でも、リサイクル料を支払っている車両であればリサイクル券も次のオーナーへと引き渡されます。
最終的にその車両を解体する際、適正なリサイクルが行われるために使われるお金なのです。

 

自分の車はリサイクル料を支払っている?

手元にリサイクル券が無く、中古で手に入れた車のような場合、リサイクル料を支払っているかどうか分からないこともありますよね。
そんな時は「自動車リサイクルシステム」のホームページで調べることが出来ます。
手持ちの車検証に記載されている「車台番号」、「登録番号/車両番号」(または「リサイクル券番号」)を入力すれば検索する事が出来ます。
(ちなみに使用済にした自動車の処理状況を調べることも出来ます。)
ここでリサイクル料を支払っている事が確認出来れば、新たにリサイクル料を支払う必要はありません。
しかしリサイクル料が未納で、これから解体・廃車処理をするのであれば、リサイクル料を支払う必要があります。

 

リサイクル券を紛失してしまった場合には?

リサイクル券は再発行が出来ません。
万が一リサイクル券を紛失してしまった場合、リサイクル券の代わりに「リサイクル料を支払っている」と証明するものが必要となります。

 

この場合、前述しました自動車リサイクルシステムのホームページで検索した結果をプリントアウトすれば大丈夫です。
正確には「リサイクル料金の預託状況」の画面になります。
パソコンの画面をプリントアウトすることが出来ない場合、インターネットカフェなどのプリントアウトサービスを利用する方法もあります。
しかし、多くの中古車買取業者ではこの作業を代行してくれますので、相談してみるとよいでしょう。